最新イベント情報

Latest event information

【人気書籍】初めてのドローン測量 ISBN 9784991000003

初めてのドローン測量 ISBN 9784991000003

 

ドローンによる業務効率化で最も注目されているドローン測量。

数年前までは航空(空中写真)測量と言えば大手の測量会社が改造したセスナ機などを自社保有して請け負っていましたが、UAV(無人航空機)の登場とともに低空域での空中写真測量が注目され、徐々に実績も出てきました。
また需要の広がりとともに、今までは地上測量だけを請け負っていた測量会社の参入をはじめ、測量未経験者のドローンパイロットもこの分野に参入してきています。
市場の広がりとともに低空域の空中写真測量に特化した課題が具体的になってきました。
地上測量では必要とされてこなかった対空標識の設置や、写真撮影に関する知識、またUAVの操縦技能や改正航空法に至るまで様々な知識が必要となってきています。

このテキストは国土地理院が作成した「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」に準じた空中写真測量(数値地形図及び三次元点群の作成)を行うために必要となる無人航空機の選定やコントロールするためのアプリ、撮影時のカメラ設定や撮影方法などをわかりやすく解説しています。
地上測量から空中写真測量への参入を検討している方々が知りたい知識やドローンの操縦トレーニングにも対応しました。

またUAVに関連する航空法、小型無人機等飛行禁止法、民法などの解説もしています。

このテキストでドローンの専門家、測量の専門家の方々の垣根を取り払い、低空域の革命「ドローン」が測量業界で活躍できる社会環境になればと願いを込めて本書を作り上げました。

【2018年2月1日発送予定】

ドローンによる業務効率化で最も注目されているドローン測量。
数年前までは航空(空中写真)測量と言えば大手の測量会社が改造したセスナ機などを自社保有して請け負っていましたが、UAV(無人航空機)の登場とともに低空域での空中写真測量が注目され、徐々に実績も出てきました。また需要の広がりとともに、今までは地上測量だけを請け負っていた測量会社の参入をはじめ、測量未経験者のドローンパイロットもこの分野に参入してきています。市場の広がりとともに低空域の空中写真測量に特化した課題が具体的になってきました。地上測量では必要とされてこなかった対空標識の設置や、写真撮影に関する知識、またUAVの操縦技能や改正航空法に至るまで様々な知識が必要となってきています。
このテキストは国土地理院が作成した「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」に準じた空中写真測量(数値地形図及び三次元点群の作成)を行うために必要となる無人航空機の選定やコントロールするためのアプリ、撮影時のカメラ設定や撮影方法などをわかりやすく解説しています。地上測量から空中写真測量への参入を検討している方々が知りたい知識やドローンの操縦トレーニングにも対応しました。
またUAVに関連する航空法、小型無人機等飛行禁止法、民法などの解説もしています。
このテキストでドローンの専門家、測量の専門家の方々の垣根を取り払い、低空域の革命「ドローン」が測量業界で活躍できる社会環境になればと願いを込めて本書を作り上げました。

 

目次

初めてのドローン測量ガイド

 

1はじめに

1.空中写真測量の基本

1-1.写真測量とは
1-2.空中写真測量の原理
1-3.ステレオ写真

2.空中写真測量に必要なドローン操縦テクニック

2-1.コントローラーモード
2-2. 必要な機材のチェック
2-3.離陸前の手順
2-4.離陸とホバリング
2-5.基本操作
2-6.対面操作
2-7.操縦技能チェック

3.必要な機材とソフトウェア

3-1.必要な機材無人航空機UAV測量に必要な機能と性能UAV測量に適したDJI製品レンズの選定について
3-2.ソフトウェアDJI GS PRODrone-ize × YDNAji Soft Photo Scanプロフェッショナル版

4.カメラとレンズ

4-1.ドローン測量に必要なカメラ設定シャッタースピード(露光時間)絞り値(F値)ISO感度設定のコツピント白飛びと黒つぶれ
4-2.レンズ焦点とセンサーサイズによる撮影範囲と対地高度対地高度の計算式レンズの選定
4-3.撮影時の注意

5.DJI GS Proを使用した撮影飛行

5-1.新規ミッションの作成
5-2.計測範囲の設定
5-3.基本設定カメラモデル固定レンズカスタムカメラカメラ方向コースと並行コースと直角撮影モードホバリング撮影等距離間隔撮影/ 等時間間隔撮影等距離間隔/当時間間隔撮影時の注意点飛行経路生成モードスキャンモード区域内モードスピード高度
5-4.詳細設定航路上の画面オーバーラップ率航路間の画像オーバーラップ率コースアングルマージンジンバルピッチミッション完了時動作自動帰還ホバリング自動着陸
5-5.計測範囲の修正
5-6.ミッション概要ポイントの数コースの数飛行経路長さ飛行領域面積飛行予測時間必要なバッテリー撮影予定枚数

6.立体物3Dスキャン

6-1.立体物スキャンの基本
6-2.コース設定
6-3.重要部分のスキャニング
6-4.補足スキャニング

7.DJI GS PROを使用した 計測撮影建物モード(3Dスキャン)

7-1.新規ミッションの作成
7-2.計測対象物の設定
7-3.基本設定カメラモデル飛行経路生成モードサークルモードバーチカルモード撮影モードホバリング撮影等距離間隔撮影/ 等時間間隔撮影等距離間隔/当時間間隔撮影時の注意点飛行速度飛行半径建物半径最低高度・最大高度
7-4.詳細設定飛行経路上のオーバーラップ率飛行経路間のオーバーラップ率ジンバルピッチミッション完了時動作自動帰還ホバリング自動着陸
7-5.ミッション概要ポイントの数コースの数飛行経路長さ飛行予測時間必要なバッテリー撮影予定枚数撮影間隔距離

8.UAV撮影に関する注意点

8-1.法律無人航空機の定義飛行制限空域飛行方法の規制小型無人機等飛行禁止法他の関連する法律
8-2.許可承認申請
8-3. 飛行計画の作成
8-4.安全運行管理
8-5.テスト飛行
8-6.本撮影飛行

9.SfM/MVSツール

9-1.(Structure from Motion – Multi-view stereo)とは
9-2.Photo Scanプロフェッショナル版でできること

 

DJI GS Pro完全ガイド

はじめに
DJI GS Proのダウンロード
ミッションバーチャルフェンス
計測撮影領域モード
計測撮影建物モード
DJI GS Proインタフェースミッションの作成
ミッションの実行
安全のしおり
プリフライトチェックリスト
フライト開始
特別なケース
パラメータインターフェイス
計測撮影領域モード
基本設定
詳細設定
計測撮影建物モード
新規ミッションの作成計
測対象物の設定
基本設定
詳細設定
ミッション概要
ウェイポイントフライト
全体設定個別設定

フライトトレーニングシート
ISBN 9784991000003

お問い合わせ

本イベントへのご質問などは、下記よりお願いいたします。

※は必須入力

お名前 ※
氏名   全角
フリガナ  全角
会社名
 全角
メールアドレス※
 半角英数字
住所
住所  全角
建物名・部屋番号  全角
電話番号
 半角数字
FAX番号
 半角数字
参加人数
 名様
メッセージ